通信制高校で音楽を勉強したい方のためのサイト

音楽を学べる通信制高校・サポート校

高卒資格を取得しながら、ミュージシャンやアーティストを目指して、本格的に音楽の勉強をしたい。そんな学生さんにオススメの通信制高校やサポート校のリストを掲載しています。あなたにピッタリの学校はどこ?ぜひチェックしてみてくださいね。

 
HOME » 通信制高校とは?入学前に知っておきたいコト » 通うために必要な学費

通うために必要な学費

ここでは、通信制高校やサポート校の学費についてお届けしていきたいと思います。安ければ良いのか?という点も調べてみました。

通信制高校の学費とは?

通信制高校には、全日制と同じように「公立」と「私立」があります。ご想像の通り、簡単に言えば公立=安い、私立=高い学費設定となっています。しかし、安ければ良いのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

通信制高校の学費

通信制高校の学費はどれくらい?

【公立】

  • 入学金:500円
  • 授業料:無償化

【私立】

  • 入学金:2万円
  • 授業料:5,000円~10,000円程度/1単位、20万円~90万円程度/1年
  • 支援金:高等学校等就学支援金として11万8,800円/年が授業料から相殺されます。

※ただし、通学日数によっても異なります。
※平成25年1月時点では公立高校授業料の無償化は継続していますが、今後変更される可能性があります。

サポート体制

【公立】
先生に関わることはほとんどなく、相談やサポートなどの面では非常に手薄いと言えます。非常に学費が安い分、学習に関しては自己責任となっており、自分でコツコツと真面目に勉強しなければなりません。

【私立】
公立に比べると非常に手厚いサポート体制と言えます。通学の際に直接先生に相談・質問することも可能で、しっかりと指導してくれます。なかなか学校に通うことのできない生徒には、インターネットを利用したeラーニングを取り入れている学校も増えているそうです。

サポート校は通信制高校とは別に学費が必要

サポート校は、通信制高校とは別に学費がかかります。私立の学費が20万円~90万円/年と言われていますが、サポート校はだいたい60万~100万/年ほどの学費がかかるようです。私立の通信制高校+サポート校(専門科目履修)で安い学校で100万円/年ほど必要となります。(ただし、通学ペースにもよりますが)だいたい全日制の私立と同じくらいだと言えます。

とは言え、全日制では学べない専門的な科目を学ぶことができ、さらに3年間で高卒の資格がとれるようしっかりサポートしてくれるわけですから、費用対効果は高いと言えます。公立で自己学習するよりも学費が高い分、メリットも大きいのかもしれません。

ただし、学校によって学費に大きな差がありますし、サポート体制や環境も違います。通学ペースによっても学費はまちまちですので、自分の希望をまとめたうえで、まずは各学校に問い合わせしてみましょう。

学費に悩んでいるなら?

通信制高校と言っても、公の奨学金制度を利用することができます。また、都道府県や市町村によって、独自の奨学金制度や授業料の一部免除といった支援を行っている場合もあります。学校によっても奨学金制度を用意している場合や、特待生制度、学費免除なども目にします。

探すと様々な支援があるものですので、学費の安さだけで決めることなく、自分に合った学校を見つけ、最後まで有意義な学校生活を送ることが大切です。まずは市町村や気になっている学校にそういった制度が用意されていないか確認してみましょう。